定年退職の挨拶状とは、仕事で親交のあった人に対して、自分が退職することを知らせる書面のことです。 これを出す人もいれば、出さない人もいますが、どっちがいいのでしょうか? 結論からいうと、出さないよりは出した方がいいでしょう。 仕事内容にもよりますが、出しておいた方がすっきりと退職することができるはずです。 出す場合は、退職してから1ヶ月以内ぐらいに届くようにしてください。 そして、挨拶状を書く際のポイントは、以下の通りです。 ・時候の挨拶 ・退職した月日 ・お礼の言葉 ・今後の抱負 ・住所と氏名 まず、冒頭に時候の挨拶を入れるというのが基本です。 退職した月日も、忘れずに記載しておきましょう。 お礼の言葉や今後の抱負なども書くようにしてください。 そして、「変わらぬお付き合いをしてください」といったような文面も入れておくといいかもしれません。 自分の住所と氏名を書き忘れてしまう人もいるので、気をつけてください。 また、寂しさよりも明るい気持ちを表現するような文章を心がけることも大切です。